2016年12月06日

Zoo Ty广未coon Complete

シナリオ17: ジュラ紀の動物園 期間: 24ヶ月 目標: 7ヶ所の展示場(恐竜は指定)の住み心地を85P以上 動物園の評価を75P以上 手順: 自分で7ヶ所の展示場を作り、 アロサウルス、カンプトサウルス、カウディプテリクス、 ステゴサウルス、ケントロサウルス、プレシオサウルス、 アパトサウルスを各1頭づつ配置します. (最後の3つは保護活動に出資が必要) まずは保護活動が必要ない アロサウルス×1、カンプトサウルス×2、ステゴサウルス×2、カウディプテリクス×4を配置しました. ケントロサウルス×1、プレシオサウルス×2を配置したところで資金が尽きたので、 15000ドルになるまで待ちました. しかし、それでも資金が足りず、 他の恐竜のツガイと赤ちゃんを売却して、 何とかアパトサウルスの環境を整えました. 期間が1年を過ぎた頃から囲いが壊れ始め、 クリア直前の時期には頻繁に壊れました. メンテナンス員の修理だけでは間に合わないので、 展示場の状態を常にチェックし、 壊れた囲いを削除→新しい囲いを設置で乗り切りました. 資金に余裕があれば、全て建て直した方が楽だと思います. とにかく長い道のりでした. 時間の速度を変更できないので、24ヶ月はしんどいです… (~_~;) 受けた賞の一覧 ・ジュラ紀動物園パーフェクト賞 金のステゴサウルス賞 ・ブルーリボン賞 飼育部門賞 ・展示場グッドデザイン賞 金賞 ・展示場グッドデザイン賞 銀賞 スクリーンショット(クリックすると大きな画像が表示されます) 広いマップなので、2ヶ所でスクリーンショットをとって合成しました. アメリカに古くから存在する首なし騎士の伝説をティム・バートン監督とジョニー・デップのコラボで描いたこのゴシックホラー映画. アカデミーの美術賞に輝いただけあって、あの暗く不気味な色合いや首なし騎士の造型などが、逆に綺麗とさえ思ってしまうほど独特の世界観のある映画でした. ジョニー・デップ演じるイカボットは迷信などがまだ強く信じられていた18世紀において科学捜査に重きを置く、NYから郊外の村に派遣された捜査官. 血も見るのがあまり得意でないなどちょっと頼りないところがあるも、いざ操作になると人が変わったように真剣になる様子. キーワードを書いた紙を床一面に並べるところなど、どことなく横溝正史シリーズの探偵金田一耕介に似ているような気がしました. そんな彼が単なる迷信だと思っていた首なし騎士を実際に見てお約束通り気絶してしまうシーンはもちろん笑えましたが、そこから臆することなく一気に事件解決に向かうくだりもまさに金田一耕介シリーズさながらでしたね. ところであの首なし騎士ですが、首がない状態の騎士を演じていたのは『スター・ウォーズエピソードⅠ』のダース・モールことレイ・パークで、ラストに首が繋がった騎士を演じていたのは強面顔でお馴染みのクリストファー・ウォーケン. スタントマンとして非常に有名なレイ・パークも、仮にこの映画でもダース・モールのメイクをしたとしても、やはりあのクリストファー・ウォーケンの顔には勝てなかったんでしょうね. 本当にクリストファー・ウォーケンって色んな意味で凄い俳優さんですよね. ジョニー・デップの演技もさることながら、やっぱりあの独特なゴッシクホラーの世界にいつの間にか浸りこんでしまうこの映画. 元々ディズニーにいただけあってティム・バートン監督の世界観は本当に素晴らしいと思います. イカボッドの母親役でティム・バートン監督の当時の伴侶リサ・マリーが出演していたのも味があってよかったのですが、やっぱりあの首なし騎士が登場する妖しげな木が一番でしたね. 案外富士の樹海に行けばありそうな気もするのですが・・・. モンクレーモンクレールル メンズ 深夜らじお@の映画館 はこの映画が大好きです.
posted by OdakaTsukiko at 09:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください